教頭ブログ

2019年12月の記事一覧

情報処理・パソコン 令和家族

昨夜久しぶりにNHKスペシャルを見ました。今回は家族がテーマで、令和の時代の家族とは何か、とても考えさせられる内容でした。

番組HPはこちら

https://www6.nhk.or.jp/special/sp/detail/index.html?aid=20191228

(以下番組のHPより引用しました。)

19世紀のロシアの文豪・トルストイは、「幸福な家庭はどれも似ているが、不幸な家庭はそれぞれに不幸なものである」と語ったが、今や家族という固定した枠組みは崩れ、幸せの形も一様ではない。この番組では、家族の形が多様化する中で、葛藤を抱えながらも、それぞれの幸せを見つけようとする家族とそこから何かを得ようとする著名人の姿を同時並行で描く、言わば二重構造のドキュメンタリーである。
番組は、2組の家族の幸せを求める姿を追う。虐待やネグレクトなど、様々な理由で実の親と一緒に暮らすことのできない子どもたちが暮らす里親家族。訪ねるのは、自らも幼い頃に両親が離婚し、祖父母のもとで育てられた経験のある関ジャニ∞の横山裕さん(38)。横山さんは、血縁のない人たちが、親子になろうとする里親家族に何を見るだろうか。(後略)

 

番組の中で、関ジャニ∞横山さんが里親家族に出会って、自分自身の家族を振り返りながら、葛藤する姿が印象的で思わず涙が出てきました。

年末年始は家族が集まる機会が増える時期です。改めて家族とは何かと考えた時間でした。

夜 2学期終業式

2学期も今日で終わりです。全日制では、インフルエンザの感染も心配されるので、終業式は教室で放送を使っておこなったそうです。今日は夕方からかなりの冷え込みが予想されていたので、定時制では終業式を体育館ではなく、初めてプレゼンテーション室でおこないました。

最初は表彰式です。日検文書デザインコンテストで入選した生徒の表彰をおこないました。

さらに飯田OIDE長姫高校定時制教育振興会より出席優良者表彰がおこなわれました。今学期は34名の生徒が出席優良者となり、氏名が発表されました。

代表の生徒に筒井教育振興会長より賞状が授与されました。

さらに筒井会長より生徒に向けて、

「皆さんは今世界で注目されている16歳のグレタ・トゥーンベイさんを知っていますか?彼女は地球の温暖化が進んで大人たちが地球を壊していることを訴えながら、世界中をヨットで巡って活動している。あの勇気は素晴らしいと思う。今自分の地域で何が起きているのか、皆さんが手にしているそのスマホで検索して、できればみんなで話し合って、大人に意見を言ってほしい。」

とお話がありました。

その後すぐに終業式を行いました。

原校長先生からは、

「皆さんは令和4年から変わる民法について知っているでしょうか。令和4年からは成人する年齢が18歳になります。1年生が4年生の4月には成人になります。今の1,2,3年生は一緒に成人式をすることになるのです。成人になることは法律上でとても大きな変化があります。すべて自分の責任で判断し、責任を負うことになります。4年生もほぼ進路も決まってきたということで、うれしく思います。

1学期終業式では終業式の日に全日制で水難事故がありました。今長野県では交通死亡事故が大変増えているので、事故を起こさないようにそれぞれが自分の身を自分で守るように心がけてほしいと思います。」

とお話がありました。

 令和元年最後の給食はキーマカレーとロールキャベツ、フルーツサラダでした。

今日は私は給食を食べなかったので、今年最後の給食の写真は、養護教諭の先生に撮影させていただきました。とてもおいしかったそうです。 

(おせち料理の昆布巻きを連想させるロールキャベツです。)

始業式は1月8日(水)です。皆さんよいお年を。

グループ 保護者懇談会最終日

 今日で保護者懇談会も終了です。保護者の皆様お忙しい中、学校にお越しいただいてありがとうございました。

 今日は午後から小雨が降る肌寒い日です。そんな寒い日にぴったりの肉うどんの献立でした。ほかに温サラダ、バナナのチョコかけデザートです。

 給食を食べながら、生徒と年末年始のテレビ番組の話になりました。最近の高校生はあまりテレビを見ないといわれていますが、今日話をした生徒2名は、それなりに見ているようで、元旦に放送されるテレビについて一緒に話をして、思わず盛り上がってしまいました。

 私も中学生高校生の頃、年末年始に放映されるテレビ番組の予定がぎっしり詰まった雑誌(いわゆる「ザ・○○ビジョン」など)を毎年買って見るのが、年末の楽しみでした。今はテレビの内容もテレビの番組表で見ればすぐ見られる時代ですが、たまにスーパーであのレモンを持った芸能人が写った雑誌を見ると、年末年始を実感します。そういえば、校長先生は先日「OIDE長姫通信」の中で、紅白歌合戦の出場アーティストの名前がわからないと書かれていましたが、私もかなり怪しい超キビシー状況です。

 ところで私は毎年元旦に必ず見ようと心がけている番組があります。それについては、後日お話しします。

学校 南信州広域の高校の将来像を考える協議会

 本日は第6回南信州の高校の将来像を考える協議会が飯田市役所でおこなわれ、傍聴しました。

 今回の協議会は先日の住民説明会で出された意見を踏まえ、県に提出する最終案を協議しました。本校定時制に「多部制、単位制の機能を補完する」ことが原案として県に提出される予定です。

会議終了後、学校に帰ると、机の上に養護教諭の先生が持ってきてくださった給食が置いてありました。

 今日の献立は、鶏肉の照り焼き丼、みそ汁大根のサラダ、高野豆腐の玉子でした。食べ終わって電話しているうちに、養護教諭の先生が片付けてくださいました。大変恐縮です。

会議・研修 ゲーム依存対策研修会

 今日は長野市の児童発達支援センターでおこなわれた長野県主催の「ゲーム依存対策研修会」に参加しました。会場には先着順で応募した県内の医療、福祉、教育、行政の関係者約100人が集まりました。申し込み定員がすぐにいっぱいになったそうで、関心の高さがうかがえます。

 今年WHOで「ゲーム依存」が病気であると認められ、県内でも近いうちに相談治療がおこなわれる予定です。

 まずゲーム依存の治療で国内で最先端の国立久里浜医療センター松崎医師の講演がありました。ゲーム依存の現状と治療、予防法について、具体的かつ詳しく説明していただいて、参考になりました。

予防としては、

*使用開始年齢は遅く

*ルールを決めて使用時間を少なく(3時間は長いかな)

*リアルの生活を豊かに

*両親のネット使用に配慮

だそうです。

 ただ取りあげるのは逆効果で、スマホを持たせる前に十分に話し合うことが大切とのことでした。

 衝撃だったのは、Appleの創業者スティーブジョブズは、自分の子どもにはスマホを使わせていなかったとのことでした。(ちょっと聞いてはいましたが、講演で確信しました。)

 次に国立高遠青少年自然の家の桐山先生が、久里浜医療センターと連携しておこなったゲーム依存の子ども対象の治療プログラムについて話がありました。実は桐山先生は以前同僚で友人ということもあり、私は今回の講演をとても楽しみにしていました。

(当日いただいたパンフレット)

講演で、文部科学省が出している「青少年教育施設を活用したネット依存対策推進事業の報告書」が紹介され、参加者の変容が掲載されていて、大変参考になりました。プログラムの中では

「メンターの存在の重要性」

「スマホから離れて自然体験」

「リアルな体験を充実させる」

ということがゲーム依存の治療になるとのこと。これは定時制でもいかせるかなと思いながら、飯田に帰って来ました。

本 保護者懇談会2日目

 今日は保護者懇談会2日目です。近くで物騒な強盗被害があったので、SHRで各クラスで早く帰宅するように担任の先生を通じて連絡しました。一刻も早く犯人が捕まることを願っています。生徒の皆さんも、夜の下校は特に準備してください。

 今日の給食はサバの竜田揚げ、白菜の煮浸し、コールスローサラダ、みそ汁でした。

 今日は野菜も多く、魚がメインだったので、とてもヘルシーな感じです。魚、野菜が中心の献立は、体調も良くなります。

 食堂は保護者懇談会のため生徒は少ないように思います。

眼鏡 保護者懇談会1日目

 今日の献立は鶏肉の照り焼き、切干大根、蓮根のゆかりあえ、もやしとワカメのみそ汁です。

ご飯には昨日のカレーをかけて食べました。

 今日から保護者懇談会のため、1時間目の後は懇談会になります。

早いもので、週末の22日(日)は冬至です。冬至について以前掲載した保健室の前の年末年始の予定の中でも紹介がありました。

 

冬至には風邪予防のためにも温まる「ゆず湯」に入りましょう。

さらに、冬至によく食べられるのが「かぼちゃ」です。かぼちゃはビタミンAが豊富で粘膜を丈夫にし、皮膚や目に良いので、この時期に積極的に摂取したい食品です。

インフルエンザも下伊那地域でも流行期に入ったようです。定時制では感染の情報はありませんが(私が今月初めに罹患した以外は・・・)週末には雪の予報も出ていますので、冬至の伝統行事をおこなって、ぜひ予防をしましょう。

 ついにこのブログのアクセス数が10万回を超えました。いつもご愛読ありがとうございます。

給食・食事 カレーの日の食堂は賑やか

 12月とは思えない暖かい日が続いていますが、そうは言っても夕方は冷え込みます。

 今日はカレー、ジャーマンサラダ、フルーツのヨーグルトあえでした。

 カレーの日は、いつもより食堂が賑やかな気がします。T君と向かい合わせになったので、バイクの免許の話をしながら食べました。

 今日は中学生が2名見学に来ました。中学校では懇談会期間で、この頃毎日見学の問い合わせがあります。

 明日からは本校でも保護者懇談が始まります。

グループ 高校再編住民説明会

 本日15時30分。南信州地域協議会の事務局から2名の方にお越しいただき、飯田OIDE長姫高校定時制教育振興会の役員の方に向けて、今まで地域協議会の議論について報告がありました。その後18時30分からSバードにて、住民説明会がおこなわれました。詳細は「校長ブログOIDE長姫通信」に詳しく掲載されています。(私は写真が撮影できなかったので、リンクを貼らせていただきます。)

 2つの会議の間に食堂で給食を食べました。今日はサバの味噌煮、ポテトサラダ、みそ汁、大根の酢の物です。

 1年生の生徒が片付けながら、調理の方に、「サバの味噌煮、美味しかったです。」と嬉しそうに言ったそうで、3人の調理の方もとても喜んでいました。「美味しい」という言葉は、調理の苦労も忘れさせる魔法の言葉ですね。

全校平和人権教育

 今日は全校平和人権教育を行いました。以前TV放映されていた「ウルルン滞在記」の「忘れない!戦場で傷ついた子どもたち~ドイツ国際平和村の記録」のDVDを視聴しました。はじめに係のI先生から説明があり、その後に1時間弱のDVDを生徒たちは大変静かにみていました。

 終了後、HRで感想を書きました。生徒の感想の一部を紹介します。

・本当の平和とは何なのかをこのDVDを見て改めて考えることができた。簡単に「死にたい」という人がいるけれど、命の大切さや日々がんばって生きている命の尊さを感じた。自分もできることを少しずつやっていきたい。(1年)

・今自分たちが当たり前にように学校に行って勉強とかご飯を食べられるのは幸せなんだなと思いました。(1年)

・平和村を初めて知ってこんなに多くの子どもが被害に遭っているのを初めて知った。私も少しでも支援したりボランティアにいけるようになりたい。(2年)

・僕も平和村を自分の目で見たいと思いました。平和に戦争がないのが一番いいと思った。(2年)

・自分は小さい頃から恵まれて生きているということを痛感した。平和村には行けないけれど、町で困っている人や障がい者の方に少しでも優しくしていきたい。(2年)

・今後仕事をしていく中で、周りを見て思いやりを持ってやっていきたいと思う。内戦や紛争がなぜ起きるのか、しっかり調べてみたいと思った。(4年)

・今の自分に何かできることがあるのではないかと改めて考えさせられた。自分たちが恵まれていることを感謝して生きていこうと思います。(4年)

 それぞれの生徒が、今の自分の状況は本当に恵まれていると感じて、世界情勢について知り、自分にできることはないかと前向きに考えている生徒が多く、すばらしいことだと思いました。

 本日の給食は、回鍋肉、中華和え、中華スープ、ミカンでした。おいしく食べることができる幸せを実感します。

(これはM君の給食を撮影しました。)