教頭ブログ

2019年8月の記事一覧

会議・研修 作文指導最終日

 今日は作文指導最終日。9月4日(水)の校内生活体験発表大会に向けて、作文を仕上げる日です。1年生の教室に入ってみると、みな真剣に作文に取り組んでいました。

この後各クラス1名ずつ代表を決めます。作文を人前で読むことは、緊張してしまうと思う人もいるかもしれません。でも、これから社会に出ていくときに、この発表経験がとても大切な経験になると思います。選ばれた人にはぜひ、自信を持ってがんばってもらいたいと思います。

本日の給食は夏野菜カレーです。そういえば、夏も今日で終わりです。私は夏風邪をひいて、食欲がなかったのでカレーがなんだかおいしく感じました。

今日午後、St先生とNk先生が電子黒板の研修を受けたいと言うことで、第2回目の定時制職員向けICT研修を行いました。方眼のボードに数字を実際に書き込んでみたSt先生は、「ここが生徒にわかりやすいね。」と話していました。

Sh先生は「○歳の手習いだよ。」と言いながら、電子黒板のマニュアルを熟読しています。早速誰も思い付かなかった新しい使い方を考え出してくださいました。

多くの先生方が、電子黒板で授業をしてみて、活用法や改善点などが職員室でも話題になっています。定時制では急速にICT教育が進みそうな予感です。

会議・研修 定時制の先生方のICT研修会

本日の給食は、鶏肉の照り焼き、ポテトサラダ、かにかまとキャベツの塩もみ、麩のお吸い物でした。

夏休み中にHR教室に設置された電子黒板の教員向け研修会を行いました。講師は先日講習を受けていただいたM先生です。今日は主に「電子黒板の使い方」「実物投影機」の使い方を教えていただきました。

今回の研修で定時制の先生方も電子黒板を使って授業してみようという意欲がさらに高まったと思います。さらにすでに研修を受けていたIk先生とIh先生が、実際に今日から使う教材を提示してくださり、大変参考になりました。

研修途中で全日制の先生も通りかかって「定時制で独自の研修ですか?」と少しだけ研修に参加してくれました。今後も定期的にこのような研修会をおこなって、よりわかりやすい授業に取り組んでいきたいと思います。

ひと休み 本場中国のお茶

先日校長先生が中国に出張された際に、プーアール茶をお土産にいただきました。包装も上品な感じで、個包装になっているお茶でした。校長先生によると、急須などにそのまま入れて飲むとのことです。

以前は中国のお茶と言えば、ウーロン茶と思っている人が日本には多かったようですが、最近はお店にもジャスミン茶などのお茶も置かれるようになり、ウーロン茶の方があまり見かけなくなってきたと思うのは私だけでしょうか。 

そうはいってもプーアール茶はまだまだ珍しいので、独特の風味が気になるかと思ったのですが、そんなこともなく大変おいしいお茶でした。

ちなみに緑茶、紅茶、ウーロン茶、プーアール茶は同じ葉が原料です。緑茶を麹菌で発酵させるとプーアール熟茶になるそうで、血圧低下や脂肪分解、デトックスの効用があるようです。

ノート・レポート 東京みやげと作文指導1日目

 夏休みに全国大会に行ったNさんとKさんが東京のお土産を買って来てくれました。

 チョコで有名なメーカーのお菓子とバナナの形のクッキーです。いろいろ考えて買ってきてくれた気持ちがとってもうれしくなりました。さっそくコーヒーと一緒にいただきます。

 今日の給食は飯田市内に出張してから学校に戻ってきて、あわてて食べたので、最後の1人になってしまいました。献立は冷やし中華とギョウザとオレンジで、野菜もたくさんあって、とても美味しくいただきました。

 今日は生活体験の作文指導の1日目です。定時制で勉強するなかで考えたこと、仕事と勉強の両立の大変さ、日頃思っていることなどを作文にします。量は原稿用紙4~5枚で2000字程度。生徒にとってはなかなか大変のようで、書けずに心配して職員室に来る生徒もいます。悩みながらも、日常をなんとか文章にして形にして欲しいと願っています。 

学校 2学期始業式

今日は2学期の始業式です。

給食も31日ぶりです。食堂の入口には、きれいな花が飾ってあります。千日紅だそうで、ドライフラワーにも使われる花ですね。

今日はトンカツ、切干大根の煮物、わかめの酢の物、カボチャのみそ汁です。

トンカツは大きくてボリュームがあります。

 ある生徒は、「やったぁ切干大根だ❗」と喜んでいました。

確かに切干大根は給食でよくでます。カルシウムや食物繊維が豊富で、旨味増します。

 食堂で久しぶりに会った生徒は、夏休みの話を楽しそうに話してくれました。全国大会、アルバイト、キャンプ。いろいろな体験をして、一回り成長した姿を見ると、うれしくなりますね。

 始業式では、出張中の校長先生からいただいた講話を代読しました。校長が夏休みに出会ったかつての高校生が、当時の夢を実現していることに触れて、高校時代に自分の目標を決めてそれに向かっていくことで、夢は実現する。ぜひこの高校時代に目標を決めて頑張って欲しいと激励していただきました。私からは「今さら」ではなく、「今なら」と思って挑戦の2学期にして欲しいと伝えました。

 最後に国語のI先生から生活体験発表会の作文の書き方説明がありました。それぞれの思いがよい作文になることを期待しています。