教頭ブログ

本 私の「推し」は

 今日は朝から晴れて気温が上がり、春を予感させる1日でした。散歩がてら近くの書店に寄って、芥川賞を受賞した宇佐見りんの「推し、燃ゆ」を購入し読みました。

 

 主人公が女子高生ということもあって、引き込まれるように一気に読みました。表現は少し難しいところもありましたが、SNSでのやりとりが明確に描写されていて、高校生の皆さんが共感する場面も多いと思います。機会があったら、ぜひ読んでみてください。

 読んだ後に、私の「推し」はなんだろう?とふと考えました。(心あたりはあります。)それにつけても、人を惹き付けられる文章を書けるブロガーの主人公が、ちょっぴりうらやましい今日この頃です。