教頭ブログ

ひと休み 本場中国のお茶

先日校長先生が中国に出張された際に、プーアール茶をお土産にいただきました。包装も上品な感じで、個包装になっているお茶でした。校長先生によると、急須などにそのまま入れて飲むとのことです。

以前は中国のお茶と言えば、ウーロン茶と思っている人が日本には多かったようですが、最近はお店にもジャスミン茶などのお茶も置かれるようになり、ウーロン茶の方があまり見かけなくなってきたと思うのは私だけでしょうか。 

そうはいってもプーアール茶はまだまだ珍しいので、独特の風味が気になるかと思ったのですが、そんなこともなく大変おいしいお茶でした。

ちなみに緑茶、紅茶、ウーロン茶、プーアール茶は同じ葉が原料です。緑茶を麹菌で発酵させるとプーアール熟茶になるそうで、血圧低下や脂肪分解、デトックスの効用があるようです。

タグ