教頭ブログ

会議・研修 プログラミング授業

今日3年S組「情報処理」と「社会と情報」の授業は、株式会社オープンソースワークショップの永原篤様にお越しいただき、ドローンを使ったプログラミング授業をおこないました。

ドローンを動かすプログラムをパソコンで作成し、無線で流し込んで動かします。

なかなかドローンが動かずに困っている生徒もいましたが、自分で組んだプログラム通りにドローンが動くと、歓声が上がっていました。

ドローンを三角形に動かすにはどうプログラムを組んでいけばいいのか、講師の先生と相談しながら、真剣に考え友達同士で話し合う。まさに協働的、探求的な学びだと思いました。

 授業前には、講師の永原様と、ICTについて語りながら、給食を食堂でご一緒しました。

献立はさけのマヨチーズ焼きと、春雨サラダ、パプリカのマリネと味噌汁でした。食べながら、他県の事例や、学校ブログなどの発信ツールの必要性や、注意点を教えていただきました。

講師の永原様、面白くてためになる授業をありがとうございました。

最後になりましたが、ソフトのインストールやPCの設定、さらには当日の片付けまでお世話になった電機科の先生方、本当にありがとうございました。

タグ 講話  外部講師  ICT